up
 since2004
side





top page



 
 
羆塾とは
  yajirusi#羆塾設立趣意
  yajirusi活動内容/活動履歴
  yajirusi役員/塾生・拠点紹介
  yajirusiベアドッグ
 
 ヒグマの保護管理活動
  yajirusi羆塾のヒグマ対策
    yajirusi調査・分析〜対応判断
    yajirusi教育&防除
    yajirusi捕獲
 普及啓蒙活動
  yajirusiフォーラム
  yajirusi出前レッスン(学校など)
  yajirusiベアカントリーキャンプ
  yajirusi発行物・書籍・電子書籍
 対策ベーシック
  yajirusiリスク・被害を防いで暮らす
    Type1:中山間地域・農地帯
    Type2:都市部・市街地
  yajirusiベアカントリーに踏み入る
 ヒグマ関連情報
  yajirusiおすすめの本
  yajirusiLINKS
 賛助・寄付について
  yajirusiベアドッグサポーター募集
  yajirusi賛助会員について
  yajirusiクマ用品・グッズ
 行政の方へ
sika
yajirusi2004〜2013羆塾・旧サイト



Pet4You.jpのエコ活動
白滝ジオパーク
「GIO」と「ECO」のコラボレーション
白楊舎
ベアドッグの育成でお世話になっています

環境との調和をめざすリゾート
オススメ!
side
役員/塾生・拠点・ベアドッグ紹介
  札幌を中心とした地域の有志が立ち上げた一般社団法人は十分機能しないとの判断からとにもかくにも解体し、現在、羆塾は従来通りの任意団体として活動を継続しています。したがって、特に法人としての組織・役職はありません。が、2017年設立のNPO法人「えんがぁるジオ倶楽部」および2018年立ち上げ予定の「NPO法人ミンタル」のアシスト外郭団体となって、ヒグマの調査・パトロール・追い払い・若グマ教育などヒグマ対応全般を引き続きおこなっていきます。

拠点(ベース)

北大雪自然センター:ミンタルの森
 所在地:〒遠軽町丸瀬布
 電話番号:

 携帯電話:
 e-mail:info@beardog.jp
    


湯ノ沢ベース:
所在地:遠軽町丸瀬布上武利
電話番号:0158-49-5034
携帯電話:090-2072-2959(岩井)
e-mail:alpha@beardog.jp

 北大雪山塊の麓に位置し、2005年羆塾発足時からヒグマの各種調査がおこなわれ、合理的なヒグマ対策の模索がおこなわれてきた。羆塾が一般社団法人となってからは、潤沢なヒグマ生息環境を生かしてベアドッグ・人材の育成・訓練を担い、また、ベアカントリーキャンプなどの実地での普及活動の拠点ともなる。

カムイの森ベアドッグベース
所在地:遠軽町丸瀬布
携帯電話:
e-mail:
 魁の森の中核をなすカムイホロケウの森北端に位置し、ミンタルの森の警護を担いつつ、調査・パトロールの拠点として、またあるいは魁の森全域のヒグマ対策の出動拠点として設置されている。


Website:www.beardog.jp
Facebook:https://www.facebook.com/beardoghandler/


羆塾のベアドッグ
 羆塾では、幼犬の頃よりヒグマ対策に特化した躾・訓練をほどこしたベアドッグを、調査から追い払いまで様々な場面で利用しています。ベアドッグについては「ベアドッグ」をご覧ください。狼犬ならどんな個体でもベアドッグになれるわけではなく、運動能力・訓練性能・性格などを精査しベアドッグとしての育成を中止し家庭犬として生涯を暮らす犬もいます。ベアドッグは警察犬・災害救助犬などと同様使役犬ですが、相棒・家族の意味合いが強いため、仮にベアドッグを落第しても、ふだんの暮らしは分け隔てのない家族としてのものになります。

Beardog01・魁(KAI)♂ 
2009年11月19日生まれ 
        家族の

Beardog02・凛(RIN) ♀ 2011年1月生まれ
        

Beardog落第・家庭犬・North(ノース)♂ 2012年4月生まれ
        


Beardog落第・家庭犬・Rhea(レイア)♀ 2013年4月生まれ
           


Beardog03(候補)・竜(RYO)♂ 2015年1月生まれ
        



 2016年暮れに魁を失い、年が開けて間もなく凛も魁を追うように急逝したため、2017年はベアドッグとして育成中の竜(Ryo)を急遽現場に投入しなんとか凌ぐことができましたが、次期ベアドッグチームをつくるべく訓練系ジャーマンシェパード(GSD)をヨーロッパなどから複数頭揃える計画を進めてきました。輸入される個体は世界でも選りすぐりの訓練系のシェパードで、ベアドッグのブリーディングラインの基礎として申し分ない個体です。2018年秋には全頭が日本に到着しここ丸瀬布での暮らしを開始します。
 2010年より狼犬の育成とベアドッグの育成を同時進行で注意深くおこなってきましたが、初代の魁がほぼ理想的なベアドッグの姿と思われるため、今後の狼犬のブリーディングは魁に近づける方向性となっています。
 

    
(左)ドイツから竜の嫁さんとして入国したSarah(サラ)
(下)チェコスロバキアのラインからLexie(レックス) 

 ベアドッグのラインとしては、従来通りの狼犬のラインに加え訓練系GSDのラインをつくる予定です。これは図らずもロシアやイタリアの軍用犬ラインと同じ体勢ですが、ヒグマ対策では、運動能力・知力・感覚能力・用心深さ・持久力などが総じて勝る狼犬をメインに据え、訓練性能に秀でたGSDの特性が最大限に生きるよう、狼犬ラインのアシスト的位置づけとする予定です。

 また、これまでノースの糞と尿を用いてヒグマの忌避行動を観察してきていますが、可能ならば超High%の狼犬ノースのラインも充実させ、オオカミのヒグマに対する忌避効果を研究しつつ、狼犬を深く知っていくとともに、それを扱うスキルも高めつつ、ベアドッグの最適な育成プログラムを構築したいと考えています。




  
                   

                                                     
風倒木のログキャビン


200
Copyright (C) 2014 higumajuku. All Rights Reserved.
down
site map   プライバシーポリシー   特定商取引法に基づく通信販売業者の表示――― powerd by higumajuku