up
 since2004
side

 
 羆塾(ひぐまじゅく)とは
   yajirusi#羆塾設立趣意
   yajirusi活動内容/活動履歴
   yajirusi塾生/ベアドッグ・拠点紹介
   yajirusiベアドッグ
 ヒグマの保護管理活動
   yajirusi羆塾のヒグマ対策
    yajirusi調査/分析~対応判断
    yajirusi教育&防除
    yajirusi捕獲
 ヒグマのベーシック
   yajirusiヒグマの食性と年周期
   yajirusiヒグマの知能と学習能力
   yajirusiヒグマの一生
 対策ベーシック
  yajirusiベアカントリーへようこそ
   yajirusi出遇わないために
   yajirusiもし出遇ってしまったら
  yajirusi被害を防いで暮らす
   Type1:中山間地域・農地帯
   Type1:都市部周辺・観光地
 ヒグマのアドバンス
   yajirusi力学と準テリトリー
   yajirusi捕獲リバウンド現象
   yajirusiヒグマの社会学
   yajirusiヒグマ教育学
   yajirusiヒトとヒグマの関係学
 フィードバック/普及啓蒙活動
   yajirusiフォーラム/レクチャー
   北大雪カムイの森
   出版物・電子書籍
  ヒグマ問題を抱える行政の方へ
 ヒグマ関連情報
   yajirusiおすすめの本/LINKS
   yajirusi丸瀬布の自然と観光
 
  2004~2013羆塾・旧サイトより
   yajirusiエッセイなど
   yajirusi2013ヒグマ対策と公開情報
 

sika



Pet4You.jpのエコ活動
白滝ジオパーク
「GIO」と「ECO」のコラボレーション
白楊舎
ベアドッグの育成でお世話になっています

環境との調和をめざすリゾート
オススメ!
side

 前項「ベアカントリーへようこそ」では、釣りや山菜採り、登山のほかちょっとした散策などで山林や河川、森林などヒグマの生息地にヒトが入っていく場合の戦略を書いた。送電線や雨量監視所の管理、森林伐採(造材)、野生動物調査など特殊な場合を除き、休日の行楽や早朝ジョギングなどの活動を想定している。現在では、大都市郊外のちょっとした林や河川敷にもヒグマは活動するのでその範囲はかなり大きくなっている感じを受ける。

 一方、毎日の買い物や通学・通勤・公園の犬の散歩や家庭菜園・農業など、ヒトの営む暮らしがあって、しかし、それがヒグマの生息地の周りでおこなわれていれば、やはりヒグマを警戒していろいろ注意しなければならないことや工夫・努力が必要になる。その努力や工夫を怠れば、ヒトの場所だと思い込んでいる住宅地や商店街、はたまた農地帯にクマが侵入してきて大なり小なりトラブルが生ずる。

 「暮らす者の戦略」に関しては、それぞれの暮らしている地域性があってヒグマ問題・悶着・軋轢といっても一概に論ずることができない。それは、問題が起きる際のヒグマ側の意識・行動原理・動機が二つ存在するからで、すなわち、ひとつはエサを求めて人の活動エリア内に侵入してくるケース。もうひとつはヒグマがまだ経験不足で好奇心や無警戒からヒトの活動域に侵入してくるケース。この二つはどちらもヒグマがヒトの生活圏に侵入してくるケースだが、その問題が起きている原理が異なるため、合理的な対策としてもやはり二つに大別できる。
 またさらに、Type1・Type2の両方に、昨今増えている新世代ベアーズ型のクマの無警戒化が絡んでいる。
 Type1:中山間地域・農地帯における農業被害・人為物の食害が生じる場合
 Type2:大都市部の近郊・観光地周辺で無警戒型の若グマが侵入して歩き回る場合

 Type1とType2は、A.Bそれぞれの原則を守れない場合に起きるヒグマとのトラブルパタンだが、もちろん、AかつBという場合もあり、その場合、かなり混沌としたリスキーな地域ができあがる。

 前項「ベアカントリーへようこそ」で記したヒグマとトラブルを起こさないための戦略あれこれと、ヒグマの生息地に隣接して暮らす場合の戦略のエッセンスは同じで、最も重要なことは次の二つに絞られる。
 A.餌付けをしない
 B.ヒトに対しての警戒心を一定レベルで持たせる

 道理は比較的明瞭で、Type1の問題解消に対しては「餌付けをやめる」ための具体的技術として、現在ではすでにクマをほぼ100%防げるクマ用の電気柵がある。問題はType2だが、「警戒心を植えつける」という具体的な方法論に関して、知床でもここ丸瀬布でも試行錯誤を続けてきているが、なかなか一筋縄ではいかない。私自身は2006年に「若グマ忌避教育」というコンセプトで無警戒な若グマの追い払いを精力的にはじめたが、威嚇弾・轟音玉・サーチライトとロケット花火・ベアスプレー・ベアドッグなどありとあらゆる方法を試してきた結果、2009年から模索を開始したベアドッグを用いる方法の利点が多岐に渡り非常に合理的と結論し、現在はそれを駆使して若グマの忌避教育の精度と安全性を上げることに専念している。

 電気柵は、原則的に被害を受けそうな個人なり企業なりがそれぞれ自己責任でおこなうべきものだが、忌避教育に関しては、地域やその周辺一体の安全性の問題であることと、作業に専門的な知識・技術を要し、なおかつリスキーな作業になるため訓練を積んだ専門家が必要となる。簡単に言ってしまえば、農地や家庭菜園に回す電気柵は泥棒に入られないように自宅のドアにカギをつけたり雨風を凌ぐために屋根や断熱材を使ったりするのと基本的に同様で、その地域全体のヒグマの教育は町道の除雪や消防・警察と同じ性質のことになる。何故か北海道ではクマ対策が地域のリスクマネジメントであるにもかかわらず、知識も技術も持たない行政担当者がちぐはぐな動きをしたり、殺すことばかりに意識が行くため猟友会に丸投げだったりで、公的な機関が責任をもってしかるべき専門家を依頼する方式が普及していない。現状で専門家の数が非常に少ないのも一因だ。

まとめると、
 Type1→餌付けを止める→クマ用の電気柵の正しい設置とメンテナンス
 Type2→ヒトへの警戒心を植えつける→若グマの忌避教育(威嚇による追い払い・威圧)


 じつは、この結論はどこのエリアで誰がやってみても一定以上の科学的思考を持ち合わせた人がヒグマ対策を考えていけば、経路は違ってもだいたい同じ場所に到達する。別に私の特殊な持論とかではないと思う。それは北海道のみならずアラスカやカナダの研究者や専門家でも何ら変わらない。ロシアもヨーロッパも変わらない。ヒグマを事実本意に知っていけば、恐らくそこにしか結論はないはずだ。

 では、どうして北海道ではクマ用の電気柵もクマの忌避教育もほとんど普及していないのか?
 答は簡単で、技術的ではなく人的問題なのである。「めんどくさい」「経費をかけたくない」「やる気がない」など、意欲・価値観・良心・怠慢・欲得などなどヒトならば誰でも持つ心のあれこれが起因している。例えば農業であれば、仮に電気柵を張らずにいった場合、10年なり20年なりで嵩む被害額や危険性の認識、あるいは箱罠に依存した場合の進み方などがきっちり見えていない。逆に電気柵を導入した場合の労力や経費はわかっても、もたらしてくれる被害解消効果やその地域全体の暮らしの安全性などに目を向けないため、電気柵にかける経費や労力とその効果や価値のコストパフォーマンス(費用対効果)が見出せていない。行政に至っては、事なかれ主義やら自己保身やら何やら、異動制度でお茶を濁し続け椅子取りゲームのように「自分が担当のときさえ何事も起こらなければ」と祈って何もせず過ごしている傾向さえ見て取れる。
 ただし行政に関しては、基本的に専門職ではなく一般職で、先月まで管財課にいましたという自然や野生動物になどなんの興味も持ったことのない人が、突如クマやシカを扱う鳥獣行政に異動になって据えられる。特にヒグマの場合、専門家の助けなしに合理的に危険を回避して問題をさばいていくのは、ほぼ不可能なことなのだ。藁をも掴む思いで猟友会を頼っても、生粋のクマ撃ちや本当にボランティア精神で一生懸命やってくれるハンターがいなければ、ただ銃器を持った知ったかぶり集団に過ぎない場合も多い。それで現在、ようやくヒグマの専門家の育成とその専門家と連携できる知見と技術の高いハンターの養成がおこなわれるようになった。


農業の問題
 農業で言えば被害を受けている農家自身が、本当に自らが損失を被らない方法を、あくまで事実本位に認識すること。仮に今100ある被害を80、50、10と徐々に減らしていけるかどうか。シカでもクマでも憂さ晴らし的にいくら殺しても、被害が減らないのであれば無意味だ。きっちり被害が減って将来継続的に安心して農業が営める基礎を作るほうがいいと私は思う。
―――もし私が農家なら、農業経営で金銭的に損失を出したくない。だから、シカでもクマでも被害などさっさと解消して将来延々続く損を減らし、悠々自適に農業に専念するだろう。そのほうが精神衛生面でもはるかにいい。確かに電気柵でも経費や労力が要る。行政に泣きつけばハンターを使って税金で捕獲対応だけはやってくれる。が、それも効果があればの話。逆効果で被害が増え慢性化していくくらいなら、やらないほうがいいかも知れない。憎きクマをどんどん殺せば被害もマシになっていくだろうなどと漫然と考えて捕獲一本槍を続けるのは、特にヒグマの大生息地に深く入り込んだ中山間地域では考え自体が甘い。マシになるどころか、被害がただただ増えたり、せいぜい高止まりして延々続く可能性のほうが高いのだ。
 行政の勉強不足や農協の暴走やらいろいろあるが、現に私の町・遠軽町ではその最悪のスパイラルに陥って抜け出せなくなってきている。年間被害額が100万円であっても30年農業を続ければ3000万の損害だ。いま目の前に3000枚の万札があって、それを平気でドブに捨てられる人以外、予測できている3000万円の被害を容認する方向の選択なんて、あり得ないんじゃないだろうか。


住民・観光客の安全の問題
 もうひとつの問題は、各国のヒト、あるいは同じ北海道でもそれぞれの地域によって、そこに暮らすヒトが自分の暮らす地域をどんな地域にしたいのか?という好みとか良心とか価値観とか哲学とかの問題、あるいはその地域の行政のいろいろな悪しきセンス・体質が絡んでくる。仮に「防除は経費がかかるし面倒くさいからやりたくない」と思うとすれば、「じゃあ、クマがあちこち歩き回り、子供を安心して遊ばせられない人里にしたいのですね?」と確認せざるを得ない。
―――もし私が行政なり議員なら、まず第一に人身被害防止に合理的なヒグマ対策を最優先するだろうし、そのための勉強も支出も惜しまずクマなど入ってこないような人里づくりをめざすだろう。電気柵のメンテやクマの専門家の助けは毎年必要だろうが、自分の孫を安心して遊ばせられない「町づくり」なんてあろうはずがない。どんな理屈や屁理屈を持ち出そうがかまわない。だが、結局、被害を減らしたいのかそうでもないのか、安全な人里にしたいのかそうでもないのか、住民や訪れる観光客、特に子供がクマにはたかれて運悪く死亡するのを仕方ないで済ますのか、なんとか防ごうと動くのか。そこなんだ、結局は。

 昔懐かしい昭和の時代だが、イタイイタイ病とか水俣病とか光化学スモッグとか、公害と呼ばれる現象が日本各地にあった。それはおもに工業の問題だったが、それから50年、現在農業に起きている問題の構造はまったく同じだ。被害が起きていることはわかっている。地域の人里と他人を危険に晒していることもわかっている。その解消方法もわかっている。ただ、あとはそれを解消する方策をとるかとらないか、やるかやらないか、残っているのはそこだけなのだ。

 私自身は現存する動物愛護団体をあまり好きになれない。ただ一方的に動物を保護しろとか言われても、現場に暮らす側にだって言い分はあるだろうし。希少動物の保護団体も同様で、パンダを保護する前に、自宅の裏山に暮らしている動物となんとか折り合いをつけて共存するほうが先なんじゃないのか?と思ってしまう。2005年に丸瀬布という中山間地域でクマを本気でやり始めて以来、デントコーンの飼育や最適な刈り取り時期を調べたり、家族に阻害され無闇にクマを撃ってヒーローになりたがる老齢な淋しいハンターまでいろいろ見てきたが、錯誤や勘違いや不理解で苦い顔を作って悶着や軋轢の中で暮らすのは、なんともやるせないものだ。ひとつひとつ問題をクリアにして、誇らしく生き生きと皆が暮らせる町にできたらなあ、と素朴に思う。

阿仁マタギと北大雪羆塾
 クマ撃ちは東北地方でいえば阿仁のマタギに相当する。阿仁の里は秋田北部・米代川支流阿仁川中流部の山里で、古来よりツキノワグマ猟のシステマチックな猟がおこなわれてきた。関東以西に比してマタギの猟の特長はこのチームによる三つの巻き狩り(上り巻き・横巻き・降ろし狩り)で、ときにはイヌ(セタ)が効果的に使われる。農耕民族国家日本においてマタギの狩猟道具は2013年、国の重要有形民俗文化財に指定された。現代、さすがに高齢化は免れないが、か細いながら脈々とその文化は伝承されている。
 秋田県は全国でもツキノワグマの捕獲数で群を抜き、秋田県庁によれば、2017年には817頭が捕獲されたが、そのうち767頭が住宅地や農地への出没による有害捕獲で捕獲放獣はなし。すべて捕殺駆除されたという。今世紀に入って目撃件数・人身被害件数も高止まりし、方策を失い手詰まりの感が否めない。
 阿仁マタギの里周辺では、秋田県全体の混沌とした状況とは別に、有害捕獲や人身被害の跳ね上がりは見られない。もちろん、阿仁にも多くのクマが生息し、人里周辺でも痕跡は多く見られるのだが、それにもかかわらず人里および周辺のクマによる被害が非常に少ないのだ。
 マタギたちは言う。「人間の恐さを植えつけておかなくてはダメだ」。

 マタギには強い掟がある。「山の恵みを必要なぶんだけもらい、余分にはもらわない」 その掟からすると、秋田県全域で起きているクマの有害駆除を苦々しい顔で見ていることだろう。恵みであるはずのクマが単に迷惑な有害物としてただ殺され続け、うまくバランスを取って共存している阿仁の里を見習おうとはしない。
 私のバックボーンはマタギではなくアラスカの原野生活にあり、そこで望む望まないにかかわらず必然的に狩猟生活となったが、森と河、山菜・魚・獣・樹々に対しての感覚はまさに自らが生きるための「恵み」というもので、阿仁マタギと同様だろう。「過不足なく森の恵みをいただく」これがアラスカの森で私が至った狩猟的感覚である。マタギに限らずアイヌ、イヌイットなど世界の先住狩猟民族には、同様の感覚がある。そして、周辺の野生動物との関わり方、特にクマやクズリやオオカミとのお互いにトラブルのない暮らし方のコツも、恐らく同じ狩猟民族的な経路で体得している。一定の距離感を保ち一つの森を共有しながら継続的に存在していく。今風に言えば共存・共生の具象化だ。
 野生動物は危険なものにはそう簡単に近づかない。少なくとも、学習を経てそう成長していく。現代のクマが軽率に人里や市街地周辺に降りるのは、ヒトがさほど危険ではないと漫然と思っているからだ。だから、仮に危険で恐くなくても、ヒトのことをそのようにクマに思わさなくてはならない。マタギ流に言えば「ヒトの恐さを植えつける」、私流に言えば「若グマの忌避教育」、そこに尽きるのだ。

 さて、北海道でも秋田と状況はまったく同じで、膨大な数のヒグマが害獣の名の元に殺され続けている。その多くが箱罠による捕獲で、ヒグマに対してヒトへの警戒心や忌避心理をまったく植えつけない。秋田における阿仁マタギの存在と北海道における私が羆塾と称しておこなってきた行為は、じつは・クマの無警戒化防止・被害防止・無闇なクマ捕獲防止という点においてまったく同一だ。銃の代わりに信頼できるベアドッグを連れクマを追い上げる。マタギの巻き狩りで最も重要な「上り巻き」と同じ行動を、マタギ犬よりはるかに威圧力があり訓練されクマにとって脅威なベアドッグとともにチームとしておこなう。異なる点は、マタギの完結が尾根方面で待ち構えた射手によってクマが射殺されるのに比べ、私の作業はヒグマが脱兎のごとく切迫しきって逃亡したり、あるいは樹上高く逃げ登って震え上がるところで完結する点だ。もちろん、ヒトへの怖れや警戒心を植えつけられたクマが殺されていなくならないぶんだけ、クマに対する教育効果は後者のほうが高い。おまけに年がら年中のべつ幕なしにやっているのだから教育効果は比べものにならない。

 シカやイノシシのように個体数調整が目的の野生動物対策ならば殺して完結以外に方法はない。しかし、ツキノワグマにせよヒグマにせよ、絶滅が危惧される地域が散見され、またCITES(ワシントン条約)において人類としての保護動物とされているクマを殺して完結という手法に執着するのは的を射ていない。殺さずにクマの側にヒトへの警戒心を刷り込む教育活動が今世紀にはあるべきだろう。この方法論であれば、被害防止の観点と環境保護・共生・動物愛護の観点と、両方の立場の人の希望・要求・価値観をともに満たすことになる。
 私自身はマタギの文化をに敬意を払い学ぶことを惜しまないが、その歴史的な文化にこだわるつもりはまったく無い。食べていくための狩猟という行為は秋田でも北海道でも派生的にクマの無警戒化を防止していただろうが、今や自然との共生という人類に突きつけられた大課題があり、そこに特化した意図的な方策があるべきだし、イヌひとつとっても世界には従来の日本犬を凌駕する対ヒグマに最適なイヌが存在し、現場の作業の中からそのイヌを作出して精度を高めることもできる。私が見ているのは歴史や文化ではなく自由自在な合理性だ。その視点からすれば、今世紀以降おこなうべき新しいクマ教育の方向性や技術は必ずある。
 銃器を用いないヒグマの教育、これはマタギの技以上に高度な技術を要する。しかし一方で、日本における銃器の規制はとてつもなく厳しい。どちらをおこなうにせよリスキーで半端な覚悟ではできないかも知れないが、ヒトの社会全体としては両方のアプローチでクマ問題に対峙していくべきと思う。

 


+
Copyright (C) 2014 higumajuku. All Rights Reserved.
down
site map   プライバシーポリシー   特定商取引法に基づく通信販売業者の表示――― powerd by higumajuku